早稲田卒の投資(FX、株、投資信託)で不労所得を月10万円得る為のブログ

投資(主にFX)で月に10万円稼ぐ事を目標にしているブログ。主は年間120万円前後FX、株、投資信託で稼いでいます。※記事検索は、FX、投資信託、株、投資ネタ等と書かれたカテゴリー一欄を参照して下さい。※投資は自己責任で。

ビットコイン390000円超えの大高騰。それでも空売りを勧める理由。

ビットコインが390000を超えて大幅に高騰している。

 

ビットコイン分裂や中国人の買い占めが終わる、などの風評にも関わらずである。

 

しかし、この高騰に対して1つのアンチテーゼとしての空売りを勧める。

 

 

何故ならば、上がり続ける相場は存在しないからだ。

 

そして、バブルは弾けると理論価格よりも更に値下がり、大暴落する事となる。

 

日本のバブル崩壊や、リーマンショックのそれがあった様に、必ず大高騰には大暴落が付きものである。

 

 

なので、買い逃した人も、さらなる利益を狙う人も、これから暴落が始まったら空売りも考慮してほしい。

 

 

押し目買いもあるかもしれないが、期待値としては、利益率としては空売りの方が高いだろう。

 

とりあえず、500000円が心理抵抗線としては大きいと判断する。

 

・過去の記事

get-money.hateblo.jp

 

twitterアカウント

 

twitter.com

着実な利益と高い分配金。持っているアジア好利回りリートファンドがアツイ件について。(分配金利回り20パーセント超!!)

資産の幾らかをアジア好利回りリートファンドで持っている。

 

で、運用実績から言うと、基準価格はほぼ横ばいで、かなり高い分配金を得ている。

 

分配金利回りだけならば、年利で20パーセントを超えており、基準価格が横ばいの、蛸の足食いでないファンドの割には最高クラスである。

 

投資先として、アジアリートと書かれている通り、シンガポール、香港、オーストラリアなどで、投資先自体のリートも安定して、と言うかどちらかと言うと高騰している。

 

副収入としては十分なほど分配金が入ってきており、今後も上昇するかは分からないが、見守って行こうと思う。

 

一方で、一度は解約しようと思っていたが南アランド建ての日興ニューワールドの投資信託も保持しており、こちらも分配金込みならば利益が出ている。

 

 

新興国投資はリスクもあるが、実際はリーマンショックギリシャショックが来なければ暴落する事も少なく、暴落したとしても金利が良いので直ぐに元を取り返せている。

 

親も、あのブラジルレアル建ての投資信託を保持していたが、5年ほど保持していた結果、為替の価値が半分になったにも関わらず利益が出ている。

 

ただ、新興国よりもリスクが少なく、利益も高いファンドは登場しつつあり、その様なファンドも今後は紹介していこうと思う。

 

 ・twitterアカウント

 

twitter.com

 

・関連記事

確実に金融アフィリエイトで稼ぐ方法(永久保存版)

トレードをする際の資産の目減りに耐えたり、モチベーションを維持する、勉強をする為にはFXブログや投資ブログは大きな意味がある。

 

しかし、この界隈では中々アクセス数が稼げない傾向がある。

 

歴戦のアフィリエイターやブロガーがアクセスを稼げないで撤退するほどである。

 

当ブログも、3か月程度は運営しているが、月間2000pvに及ばない。

 

get-money.hateblo.jp

 

 

 

で、色々考えたのだが、

 

 

 

 

 

 

ファイナンシャルプランナー(FP)を取得してネット無料相談なんかしたらアクセス大量に流入しそうである。無料相談をやっているプランナーはほとんどいない為である。

 

しかも、FP協会の被リンクが付くので、サイトは検索上位になりやすい。(グーグルは権威性の高いサイトからの被リンクを高く評価する。)

 

FXアフィリエイトやほかの金融アフィリエイトを貼って稼いでも良いし、

 

金融商品の販売なんかしても良いだろう。(専業の場合で、しかも国から認可が必要。)

 

詳しくは下記の記事で。

 

get-money.hateblo.jp

get-money.hateblo.jp

 

※FXのアフィリエイトや何か業務をする際には、はてなブログにおいては制限があります。サイト運営は独自のドメインとサイト構築をおすすめします。

 

twitterアカウント

 

twitter.com

 

 

投資の王道!!ドル・コスト平均法について。(NISAと相性抜群)

wikipediaによると、

 

 

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。
高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。
長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もある。タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

 

 

 

と、ある。

 

簡単に言えば、長期投資でのリスクを軽減させ、確実にリターンを得る方法な訳である。

 

特に、投資信託や株、FXのスワップポイントを得る為の長期投資に向く。

 

NISA等で、最近20年非課税で年間投資限度額が60万円、なんて制度が出来るが、それとなんて相性が良いだろう。

 

更に、出来るかは分からないが、確定拠出型年金と合わせれば、自身で年金分を効率よく運用出来たりもする。

 

昔からある手法だが、タイトルの通り王道になりつつあるのかもしれない。

 

twitterアカウント

 

twitter.com

FX、株初心者向けの本、勉強方法(リスクリワードレシオ編)

リスクリワードレシオを考慮するのは大事な事で、自分のトレード日記の中でそれを発見すれば利益を最大化出来る。

 

そう言った事について書かれているのがこの本。

 

・トレーディングエッジ入門―利益を増やしてドローダウンを減らす方法

 

Amazon CAPTCHA

 

内容は一見するととっつきづらいが、読めば、トレードの最適化が出来るのでおすすめである。

 

twitterアカウント

 

twitter.com

 

 

FX、株初心者向けの本、勉強方法(中期投資編)

中期投資(3か月スパンのスイングトレード的な投資方法)について、あまり書籍はない。自身もどちらかと言うとこれぐらいのスパンで取引している。

 

今回は、FXに役立つかは分からないが、株の中期投資について学べる本を紹介する。

 

・きっちりコツコツ株で稼ぐ 中期投資のすすめ

 

www.amazon.co.jp

 

この本には基本的な中期投資の方法はもちろん、株の銘柄選びについても言及されている。

 

また、目標の資産額3000万円と、届き得る目標を掲げているのも特徴だ。

 

FXでも応用出来る考え方が多くあり、どちらで取引する際も重要な著書である。

 

twitterアカウント

 

twitter.com

 

 

FX、株初心者向けの本、勉強方法(機関投資家編)

機関投資家(法人等のプロのトレーダーや投資家)に勝つにはどうすれば良いのか。

 

そもそも勝てるのか。

 

何故専門家の為替予想は外れるのか。

 

そう言った事が書かれている本がこれだ。

 

・なぜ専門家の為替予想は外れるのか

 

なぜ専門家の為替予想は外れるのか | 富田公彦 |本 | 通販 | Amazon

 

機関投資家と対している自分たちが如何に不利な環境であるか学べる書である。

 

個人投資家の優位性をよく考えて、自信を持とう。

 

twitterアカウント

 

twitter.com