早稲田卒の投資(FX、株、投資信託)で不労所得を月10万円得る為のブログ

投資(主にFX)で月に10万円稼ぐ事を目標にしているブログ。主は年間120万円前後FX、株、投資信託で稼いでいます。※記事検索は、FX、投資信託、株、投資ネタ等と書かれたカテゴリー一欄を参照して下さい。※投資は自己責任で。

FXで月10万円程度稼ぐ為の現実的な資金量

月に、例えばドル円で、

 

100pips取ると考えると、

 

10万通貨で取引する事になる。

 

10万通貨でレバレッジに耐えられるのは、大体200万円程度は必要と考えられる。

 

 

通算で100pipsなので、20pips負ける事などが数回続けば、10万円はドローダウンが発生する事になる。

 

 

それに、リーマンショック級の事態が発生する事も考えられる。

 

まあ、リーマンショック級の事態が発生したならば、デイトレーダーであれば逆にチャンスと言えるが。

 

それに、逆指値でしっかり負けをセーブすれば数回負けたとしても、全く資金が足りなくなる事はない。

 

では、何故資金量がそれだけ必要か。

 

 

 

 

それは、心理的な負荷を避ける為だ。

 

 

 

結局、レバレッジを効かせている事に心理的に耐えられる程度があると思う。

 

 

 

考えなければ良いかもしれないが、

 

時間があれば人は考えてしまうもので、

 

 

結局、レバレッジを効かせるのはリスクであると言う認識を常に持つべきである。

 

 

 

自身も、耐えられるレバレッジや資金量に関しては、「生活で使う金額のイメージと乖離しない」程度と考えてトレードしている。

 

 

 

著名な、ウォーレンバフェットなども、

 

 

年利30パーセントが調子の良い時の状態であり、

 

 

レバレッジをかけて取引しているのだから、その年利に頭を抑えられるくらいの気持ちでトレードするのが懸命であると思う。

 

 

twitterアカウント

 

twitter.com