早稲田卒の投資(FX、株、投資信託)で不労所得を月10万円得る為のブログ

投資(主にFX)で月に10万円稼ぐ事を目標にしているブログ。主は年間120万円前後FX、株、投資信託で稼いでいます。※記事検索は、FX、投資信託、株、投資ネタ等と書かれたカテゴリー一欄を参照して下さい。※投資は自己責任で。

投資信託の選び方。アクティブファンドかインデックスファンドか。

投資信託を選ぶ際に必要な事は何だろうか。

 

投資信託の窓口で勧められたものを買えば良いのか。

 

知識量は投資信託の窓口の方が上ではあるが、ある程度勉強すれば身につく事が多い。此処ぞとばかりに質問をする前提で自身で勉強してみよう。

 

 

まず、投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドの二種類があるのをご存知だろうか。

 

アクティブファンドとは、投資方針をファンド独自に決めて投資するファンドで、一般的に利回りが高いファンドと低いファンドに二分化される。つまり、当たり外れが激しいファンドである。

 

 

しかも、購入手数料は3パーセント前後とかなり高額で、一年間は投資信託を寝かせて置かないと元が取れないなんて事態になる事もある。

 

 

一方、インデックスファンドとは日経225などの景気指数に基づいた投資先にほぼ平等に投資する事で、日経平均に基づいた動きや配当を得る手堅いファンドである。

 

手数料に関してはかなり安く、ノーロードなど、手数料がかからないファンドもある。

 

また、インデックスファンドの投資パフォーマンスは、アクティブファンドの平均パフォーマンスに勝るとの結果も出ており、こちらの方が経済性の高い投資であると言えるかもしれない。

 

 

だが、例えば、たくさん分配金が欲しいとか、高利回りの投資先に投資したいとか、投資パフォーマンスを追求したいとかなら、アクティブファンドを選ばなければならない。

 

 

そこで重要なのが、先ほど話した通り知識量や、投資先を見極める事で、ネットや窓口で目論見書を見る事でそれは成す事が出来る。

 

また、月次レポートに実質利回りも記載されているので、それも重要ではある。

 

詳しい見方は他のサイトや投資の本に譲るとして、端的にアドバイスすると、

 

ハイリスクハイリターンならば、新興国通貨建の債権や株式投資

 

ミドルリスクミドルリターンならば、オーストラリアやシンガポール通貨建のリート投資、

 

ローリスクローリターンならば、先ほど上げた日経225などに投資するインデックスファンド、もしくは国内のリートなどだろう。

 

また、世界経済や国内経済の動向にもよるので、ニュースなどを見て先行きを予測しておく事も大事である。そう言った事をファンダメンタル分析と言う。

 

テクニカル分析も大事で、投資信託の内訳の投資商品のチャートを分析して、動きを予測するなどしても良いだろう。

 

・おすすめの投資信託についての記事

 

get-money.hateblo.jp

get-money.hateblo.jp

get-money.hateblo.jp

 

・twiterアカウント

 

twitter.com