早稲田卒の投資(FX、株、投資信託)で不労所得を月10万円得る為のブログ

投資(主にFX)で月に10万円稼ぐ事を目標にしているブログ。主は年間120万円前後FX、株、投資信託で稼いでいます。※記事検索は、FX、投資信託、株、投資ネタ等と書かれたカテゴリー一欄を参照して下さい。※投資は自己責任で。

専業トレーダーになるには海外移住しろ?発展途上国(タイ)の物価が安くて住みやすい件について。

専業トレーダーになるには、月に30万程度は利益が出ないと、リスクの観点からも難しい。

 

日銭を稼ぐだけではなくて、ドローダウンの際の資金量の問題があるからだ。

 

ブログも運営しながらでも、せいぜい月に5万円程度が限界であるので、最低25万は稼がないといけない。

 

自身も月平均で10万程度は相場から、マーケットから利益を出しているが、

 

月に25万円、しかも専業トレーダーとなるとハードルが一気に上がると思う。

 

取り扱う資金量の問題もあるし、何よりメンタルが相当強くないと難しい部分があるだろう。

 

 

そこで、グローバル社会が叫ばれている現代らしく、海外移住するのはどうだろうか。

 

オススメの国はタイである。

 

地方都市になると、物価は日本の3分の1になり、治安も悪くない。

 

 

また、国の国債もA−、と日本に次ぐ信用度でデフォルトが起こる危険も無い。

 

タイのバンコク銀行金利は年利で3パーセントと、かなり高く、資金量があれば、金利生活すら出来てしまう。

 

同様にこの銀行の格付けもA以上であり、安心して預けられる。英語も窓口で通用するので、ある程度英語力があれば問題無いだろう。

 

主も、タイには仕事で行くが、100万円程度親戚とお金をバンコク銀行に預けている。

 

また地方都市であるチェンマイにも何度か行ったが、治安が良く、気候も涼しく住みやすい。ネット環境もカフェやノマドワーキングスペースで充実しており、トレードやブログを書くにも困らない。

 

 

現地に住むのに必要な最低金額は5万程度で、月に15万程度稼げればかなり裕福な生活が出来る。強いて問題を挙げるならば、日本食が少々高いくらいである。

 

移住には二通りの方法がある。

 

投資家枠(3000万円程度の預金や不動産購入)か、

 

移住権を購入する事だ。

 

後者の方が、手頃だし、期間ごとに金額が違うので、2、3年程度移住するなんてのも良いだろう。

 

何れにせよ、専業トレーダーをしたいならば、生活資金を減らす事が重要と考える。

 

・フィリピン編

 

get-money.hateblo.jp

 

twitterアカウント

 

twitter.com