早稲田卒の投資(FX、株、投資信託)で不労所得を月10万円得る為のブログ

投資(主にFX)で月に10万円稼ぐ事を目標にしているブログ。主は年間120万円前後FX、株、投資信託で稼いでいます。※記事検索は、FX、投資信託、株、投資ネタ等と書かれたカテゴリー一欄を参照して下さい。※投資は自己責任で。

投資の王道!!ドル・コスト平均法について。(NISAと相性抜群)

wikipediaによると、

 

 

ドル・コスト平均法(英: dollar cost averaging)とは、株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。
高値掴みのリスクを避けるための時間分散の一種であるが、数量を等分するのではなく、金額を等分する点が単なる分散と異なる。価格が高い時は購入数量が少なく、安い時には多いため、単純な数量分割に比べ平均値の点で有利になるとされる。価格が下がった場合のみならず、上がったときにも買う点で難平買いとは異なる。
長期投資でリスクを抑制し、安定した収益を得たい場合に使われる手法である。上げ相場でドル・コスト平均法を行うと平均購入単価がかえって高くなり、収益を減少させてしまう欠点もある。タイミングを精密に測れないため、値動きの早い商品で、ハイリターンを目指す投資には向かない。

 

 

 

と、ある。

 

簡単に言えば、長期投資でのリスクを軽減させ、確実にリターンを得る方法な訳である。

 

特に、投資信託や株、FXのスワップポイントを得る為の長期投資に向く。

 

NISA等で、最近20年非課税で年間投資限度額が60万円、なんて制度が出来るが、それとなんて相性が良いだろう。

 

更に、出来るかは分からないが、確定拠出型年金と合わせれば、自身で年金分を効率よく運用出来たりもする。

 

昔からある手法だが、タイトルの通り王道になりつつあるのかもしれない。

 

twitterアカウント

 

twitter.com